褐毛和種


褐毛和牛とは

熊本県を中心に飼われている熊本系と高知県を中心に飼われている高知系があり、これらは生い立ちが多少違う。
熊本系は古くから阿蘇周辺で飼育されていた牛で、朝鮮半島の牛が土着化した阿蘇牛、矢部牛、球磨牛等にシンメンタール種を交配した雑種を改良したものであるが、高知系は明治時代に輸入された朝鮮半島の牛とシンメンタール種の雑種を改良したものである。
熊本系は毛色がやや淡い褐色であり、阿蘇周辺に放牧されて景観保持にも役立っている。
高知系は鼻と口、目のまわりの部分、四肢の先端、及び尾の色が濃い黒褐色である。
いずれも肉質は黒毛和種に次いで良い。 (社団法人全国肉用牛振興基金協会HPより)
 



外部リンク


以下の写真は、各ハーブ牛ブランドのホームページにリンクしています。


さぬきハーブ牛

十勝ハーブ牛

那須ハーブ牛

さくら和牛




Copyright ©日本ハーブ牛協会 All Rights Reserved.